読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

3/4 「柄谷行人・渡部直己対談 起源と成熟、切断をめぐって」を読む。 柄谷行人・渡部直己対談 起源と成熟、切断をめぐって 『日本批評大全』(河出書房新社)刊行を機に|週刊読書人ウェブ けものフレンズロングインタビューを読む。 すごーい!の連続、『…

2017年3月

1月0円 2月3004円 3/3 花のズボラ飯3巻(水沢悦子)542 SOS大東京探検隊(大友克洋)238 ハイウェイスター(大友克洋)238 売野機子作品集 薔薇だって書けるよ1巻(売野機子)162 石黒正数短篇集2 ポジティブ先生(石黒正数)133 妻に恋する66の方法1巻(福…

日記

3/3 本を整理する。本を運ぶ。 第40回日本アカデミー賞 最優秀作品賞『シン・ゴジラ』 最優秀アニメーション作品賞『この世界の片隅に』 駿河屋で本を買う。 けものフレンズ一挙放送(1~8話)を観る。 三月末までにもう一作は厳しそう。

日記

3/2 それ町を1巻から読み返す。 けものフレンズ8話を観る。

日記

2/28 それ町を時系列順に読み返す。 AKIRAを読み直す。 大友克洋について考える。 「パラレル」進行2枚。計5枚。K1終わる。

日記

2/27 それ町を時系列順に読み返す。 「火花」ドラマ版1話を観る。かなりおもしろい。 カミュに興味を持つ。

日記

2/26 カフカ関連著作を読み返す。 AKIRAを読み返す。 ナチス・ドイツや時代背景について調べる。 『イエスタデイ・パラレル』を書き始める。 プロットなし、構想のみ。進行3枚。 KYRB

日記

2/25 ウルフの『ダロウェイ夫人』を少し読む。 群像を読む。 木崎ひろすけについて考える。

日記

2/24 ウルフの『ダロウェイ夫人』を少し読む。 辻原登、多和田葉子、保坂和志に再び興味を抱く。 次作の構想がイマイチまとまらない。

日記

2/23 それ町を時系列順に読み返す。 イエスタデイを書いたときの削除部分をまとめてもう一作書けないかを考える

日記

2/22 それ町を時系列順に読み返す。 ウルフの『ダロウェイ夫人』を少し読む。 【講評・無料生放送】佐々木敦「『XX批評宣言』を起草せよ。【冒頭部分】を観る。 春見朔子のインタビューを読む。

日記

2/21 もうプリンターが届いた。早い

日記

2/20 光文社古典新約文庫でウルフの『ダロウェイ夫人』を読み始める。 約100年前の小説とは思えないほどいい。新約もあり古びた感じが全くしない。

大江健三郎

・「奇妙な仕事」 見るまえに跳べ (新潮文庫) ・「死者の奢り」 死者の奢り・飼育(新潮文庫) ・「他人の足」 死者の奢り・飼育(新潮文庫) 「石膏マスク」 「偽証の時」 ・「動物倉庫」(戯曲) 見るまえに跳べ (新潮文庫) ・「飼育」 死者の奢り・飼育(新潮…

日記

2/18 ペドロ・パラモ (フアン・ルルフォ)を読む。一度読んでも時系列や人間関係が理解しきれず、解説の要約を読んでからもう一度読む。円環構造を持ち、そしてどことなく寂しさのある良い小説だと思う。 影をなくした男 (シャミッソー)を読み始める。2/19 影…

日記

2/17 トクサツガガガ(丹羽庭)1巻を読む。本棚を整理する。

日記

2/16 『吉本隆明初期詩集』を読み終わる。やはり転位のための十篇がいい。後は固有時との対話の一節。 『ペドロ・パラモ』を読み始める。 それでも町は廻っている 公式ガイドブック廻覧板を読む。正確なあらすじを知る。 「さよならにっぽん」を読む。 メフ…

日記

2/15 ゲンロンSF創作講座の最終講評会、「ゲンロンSF新人賞」に興味を持ち、作品をいくつか読む。 木村敏を知る。「まつりのまえ(アンテ・フェストゥム)」「まつりのあと(ポスト・フェストゥム)」「まつりのさなか(イントラ・フェストゥム)」。「まつ…

日記

2/13 『遊戯の終り』(コルタサル)を少し読む。 『輝く断片』(スタージョン)を少し読む。 2/14 『遊戯の終り』(コルタサル)を少し読む。 紫舟、新城幸也の情熱大陸を観る。

日記

2/12 「アパート(仮題)」少し書く。 しかし途中でいったん凍結して先にほかの小説を書くことにする。 ベリーズカフェに3とプロットを投稿する。 『遊戯の終り』(コルタサル)を少し読む。 コルタサルの「誰も悪くはない」ってモロにカフカかと思ったけど…

日記

2/11 頭が痛くて小説を書くのも話を考えるのもできなかった。しかたがない 生活【完全版】 (福満しげゆき)を読む。傑作だと思う。繋がる個体(山本中学)1巻を読む。こちらも新人離れしておもしろい Amazonでそれ町16巻とフルット6巻を予約で買う。予約は初め…

2017年2月

2/11 それでも町は廻っている 16巻 (石黒正数)600 2/14 木曜日のフルット 6巻 (石黒正数)460 3/8 2/16 それでも町は廻っている 公式ガイドブック廻覧板 (石黒 正数) 1944

日記

2/10 「アパート(仮題)」を中断して、他の小説を書くか考える。 羽田圭介と武田砂鉄の対談記事を読む。 群像70周年記念号を読み進めるがあまり感心しない。 『クォンタム・ファミリーズ』(東浩紀)を読む。 優れた小説だと思ったけど、その理由をちゃんと…

日記

2/9 吉田修一と長嶋有のインタビュー記事を読む。 時間が動くようにするということです。その世界があるようにするというか。単純に会話、会話、会話とすると会話だけあって世界が動いていないみたいになるでしょう。例えば探偵が推理を披露してワトソンみた…

日記

2/8 「アパート(仮題)」少し書く。 もう少し漫画にお金を使うか考える。 web小説に対する違和感が会話文の「」の後に文字がないことかと考える。

日記

2/7 「アパート(仮題)」少し書く。 磯村暖さんに興味を持つ。 はがないのラストについて考える。 吉田修一、山下澄人、恩田陸のインタビュー記事を読む。 アニサマのBDDVDが欲しいけど高いので悩む、

日記

2/6 やたらと眠い。 「アパート(仮題)」進行なし。ペース的によくない。純文学全開の小説はむいてないかもしれない。 西尾維新について考える。あれだけ多作の作家で小説が作業的にならないのがすごい

日記

2/5 「アパート(仮題)」進行15枚/100枚予定 終末のハーレム17話を読む。主人公交代してよくなった。 会田誠×岩渕貞哉×堀浩哉×和多利浩一×東浩紀×黒瀬陽平「ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校 標準コース 第2期 最終講評会」を観る。楽しそう

日記

2/4 RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語(2010)を観る。 感動的だけど間延び。 娘役の本仮屋ユイカは美人だけど役が幼い。 のぼる小寺さん(珈琲)1巻を読む。 ボルダリング漫画というよりボルダリングをしている女の子漫画 大晦日の東浩紀、津田…

日記

2/3 「アパート(仮題)」進行12枚/100枚予定 100枚は超えそうなペース 極道めし (2011)を観る。 低予算は分かるけどあまりにもひどい 徳山大五郎を誰が殺したか?3話を観る。 『ラテンアメリカ十大小説』(木村榮一)を読む。 東浩紀の動画を観る。おもしろ…

日記

2/1 歯医者に行くことになる。 体調がよくない 2/2 「アパート(仮題)」少し書く。 深夜食堂シーズン1 1~3話を観る。

日記

1/31 歯茎が気になる。 監獄学園12~19巻を読む。 保坂和志と山下澄人の対談を読む。 『言葉と人間の関わり方を変えたい。そして世界と人間の関わり方を変えたい。つまり世界を変えるために書く。』 『小説を読むぞ、芝居を観に行くぞ、って改まれば改まるほ…

日記

1/30 あんまり体調がよくない。 百円の恋(2014)を観る。 盛り上がるまで序盤が退屈だけど、後半入りの音楽はいい。主演の安藤サクラの演技力がとんでもない。 捨てがたき人々(2012)を観始めるも飛ばしてしまう。 主題はプンプンみたいな印象だけど、話の…

日記

1/29 「アパート(仮題)」を少し書く。 次作の構想を考える。 僕とユキが引っ越し先を探す話。 リセットマン(栗原正尚)を読む。 凶悪(2013)を観る。 登場人物がパターンにはめられすぎているように感じる。もっと多くの人物の視線から語られているほう…

日記

1/28 「アパート(仮題)」に以前書いた「部屋」の冒頭を流用する。 25 NIJYU-GO(2014)を観る。 うるさい女の乗った車にRPGが撃ち込まれるところですっきりした。

日記

1/27 「アパート(仮題)」少し書く。あまりにも純文学的な小説は書いていてあまりおもしろくない 『カフカとの対話』を少し読む。 神童(2006)を観る。 成海璃子の存在感が尋常じゃない。ラストシーンをコンサートに持ってこなかったのは好きだけど、映画…

日記

1/26 ブルーリボン賞監督賞 片渕須直『この世界の片隅に』 「アパート(仮題)」進行なし。 リンダ リンダ リンダ(2005)を観る。 長いワンカット、引いたカメラ、曲の演奏中に風景に語らせる手法が映画的で良い。 下手に盛り上げようとしないところと、主…

本好きへの100の質問

001. 本が好きな理由を教えてください。 物語に接するのが好きだから。002. 記憶に残っているなかで、最も幼い頃に読んだ本は? 「ぐりとぐら」等の絵本。 ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集) 作者: なかがわりえこ,おおむらゆりこ 出版社/…

日記

1/25 「アパート(仮題)」進行なし。 「壁」(安部公房)の序盤を再読する。 『変身』(カフカ)の冒頭を再読する。 箱入り息子の恋(2013)を観る。 星野源の気持ち悪さと夏帆の透明感はいいけど、主人公が事故にあったりラストは冷めた目で見る。 ぼくら…

日記

1/3 『言の葉の庭小説版』を読む 1/7 「イエスタデイ」進行97/250枚(最大) 全く話が進んでない 1/10 『 この世界の片隅に』2016年第90回キネマ旬報ベスト・テンにて日本映画1位と日本映画監督賞 1/11 「イエスタデイ」進行125/250枚(最大) ストーリー1/…