日記

2/24

ウルフの『ダロウェイ夫人』を少し読む。

辻原登多和田葉子保坂和志に再び興味を抱く。

次作の構想がイマイチまとまらない。