読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

5/17

【けもフレ】連日大盛況の「ジャパリカフェ」でフェネック&PPPの声優さんにお話しを聞いてきたよ! | ガジェット通信

六番目の小夜子」を読む。

狭い教室の中で四十~五十ほどの人間が机を並べて何時間も前方を見つめている奇妙さ、しかもそれはメンバーを入れ替えつつ繰り返される。青春期のその戸惑いや煌めきを描こうとしたことはよく分かるが、しかし謎は全て解明されず、長い。とはいえ三年しかいない学生視点なのだから十五年間の真実は分からなくて当然かもしれない。なにより秋は大切なことを掴んだようだ。

太陽の塔」を再読する。

文体のおもしろさ。

本棚を整理する。