日記

6/10

本が届く。

悪意の手記 (新潮文庫)/中村 文則を読む。

読みながら、前二作と比べて小説の制御ができていないと感じていたが、そういう小説ではなかったし、また最後はしっかりとまとめられている印象があり驚いた。上手いとか下手だとかおもしろいとかつまらないとかそんなことはどうでもいいようだ

広告を非表示にする